MSワードでテスト用紙(問題・解答一体型)

MSワードでテスト用紙(問題・解答一体型)のページを説明

スポンサードリンク
中学数学問題をWord(ワード)で作るための記事

MSワードでテスト用紙(問題・解答一体型)

解答欄が右についてるテストの解答用紙を作ってみます。
テストによって、単元によって作り方は変わってくると思いますが、
解答欄が問題にくっついていれば、答え合わせの時に
「問題を忘れた…。」ということがないので、便利です。(笑)

こんな感じに作ってみます。

ワードでテスト用紙19.jpg

問題数が足りないとは思いますが、作り方の紹介ということで
お許しくださいね。

ツールバーの「挿入(I)」から、「段区切り(C)」を選択します。

ワードでテスト用紙01.jpg

すると、段区切りのラインが入って、次のページが表れます。

ワードでテスト用紙03.jpg

※ ちなみに改行のマークなどが見えると、便利ですよ。
ツールバーの「ツール(T)」から、「オプション(O)」を選択し
「編集記号の表示のすべて」にチェックを入れてください。

ワードでテスト用紙02.jpg

解答欄は表で作ります。段区切りによってできた2ページ目に
カーソルがあることを確認して、表を挿入します。
あとで、行の数・列の数は調整できますから
ここではとりあえず表を入れるだけやっておきます。

ワードでテスト用紙04.jpg

行を増やします。
表のすぐ下にカーソルがあることを確認してください。

ワードでテスト用紙05.jpg

ワードでテスト用紙06.jpg

表の横幅の長さを変えておきます。
60mm以下であれば、調整は必要ありませんが
60mmを超える場合には、あとで出てくる「段組み」の
ときに調整が必要となります。

ワードでテスト用紙07.jpg

表の横幅が60mmになりました。

ワードでテスト用紙08.jpg

すべてを選択し(真っ黒にするやつですね。)
ツールバーの「書式(O)」から、「段組み(C)」を選択します。
「2段目を狭く」と「境界線を引く」を選択しましたが
このあたりはお好みでということになります。

ワードでテスト用紙09.jpg

段組みができました。
問題を書き入れる左側のエリアと
解答欄になる左側のエリアの間に「境界線」も入っています。
残念ですが、この境界線は線の太さ・色などは、変えることができません。
とは言っても、それはWord2002での話。
Word2007では、どうですかね?
今度、調べてみます。

ワードでテスト用紙10.jpg

解答欄が上下に狭くて
「答えが書けないよ」と文句を言われそうなので
上下の幅を広げます。
表の左上のマークをクリックすると
表全体が真っ黒になりますから
今度は右クリックして
「表のプロパティ(R)」から「行」のタブを選択します。
すると、行の高さを設定できます。

ワードでテスト用紙11.jpg

今回は12mmにしてみました。

ワードでテスト用紙12.jpg

問題に合わせて、番号を入れておきます。
1番左側ではなく、あえて、左から2番目に入れました。

ワードでテスト用紙13.jpg

1番左側には大問の番号を入れるのです。
たてにドラッグして、セルの結合を使います。

ワードでテスト用紙14.jpg

大問の番号も入って、とりあえず形になってきました。

ワードでテスト用紙15.jpg

解答欄が細かすぎるので調整します。
セルの分割を選び、必要な数を入力します。

ワードでテスト用紙16.jpg

解答欄はこれで完成です。
「セクション区切り」の上にテスト名を入れ、
名前記入の欄を用意します。
セクション区切りの線の1番左をクリックして
Enter(エンター)を押せば、セクション区切りの
上が広がります。

ワードでテスト用紙17.jpg

あとは、左のエリアに問題を入れていけば
完成です。

ワードでテスト用紙18.jpg


この段階でのワードのファイルはここからダウンロードしてください。Word-test.doc
右クリック→保存


ワードでテスト用紙19.jpg

微調整を残していますがとりあえず。
問題によっては解答欄が狭いので
(この大問4なんかはそうですよね。)

数学のテスト問題では
「問題用紙はWordで、解答用紙はExcelで」なども
良いかと思います。

問題・解答用紙一体型は計算中心の単元では
便利ではないでしょうか。




スポンサードリンク


★他の数学・算数については…★
教育ブログ(算数・数学科)

Wordで数学問題プリントを作ろう!!のMSワードでテスト用紙(問題・解答一体型)
のリンクについて

Wordで数学問題プリントを作ろう!!のMSワードでテスト用紙(問題・解答一体型)
のリンクについて

リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。