Word2007の数式ツール

Word2007の数式ツールのページを説明

スポンサードリンク
中学数学問題をWord(ワード)で作るための記事

Word2007の数式ツール

Word2007(MSワード2007)には、数式の入力がカンタンにできる数式ツールが装備されています。

中学数学の問題を入力するだけでなく、高校数学や算数などでも使えるものです。

Word2007(MSワード2007)の数式ツールには、はじめから9つの数式が登録してあるのです。

どのような数式かというと、

・テーラー展開
・フーリエ級数
・三角法の和積の公式1
・三角法の和積の公式2
・二項定理
・和の展開
・ピタゴラスの定理
・円の面積
・二次方程式の解の公式

の9つの数式です。

これらの数式は、自分で入力する必要はありません。

一覧が表示されますから、必要な数式をクリックするだけで、Word文書に数式を挿入できます。

数式ツールはWord2007(MSワード2007)で初めて採用されたので、今までのWord2003(MSワード2003)・Word2002(MSワード2002)やWord2000(MSワード2000)などには、数式ツール自体がありません。

Word2007(MSワード2007)で数式ツールを使って数式を挿入したWord文書をWord2003などの以前のバージョンのWordで開くと、数式ツールで作成した数式は表示されますが、変更したりすることはできません。

今のところ、Word2007でも、以前のバージョンのWordでも、作成・変更できる数式を入力したいのであれば、「Microsoft 数式3.0」を使うしかありません。

(もしくはMath typeを使う)

Word2007(MSワード2007)の数式ツールは、初めて、Word2007で数式を入力する方にはとっつきやすい機能だと思います。

しかし、周りの方にそのWord文書をまわしたり、何人かと共同で数式入りのWord文書を作成したりする場合には、Wordのバージョンに気をつけなくてはなりませんね。



スポンサードリンク


★他の数学・算数については…★
教育ブログ(算数・数学科)

Wordで数学問題プリントを作ろう!!のWord2007の数式ツール
のリンクについて

Wordで数学問題プリントを作ろう!!のWord2007の数式ツール
のリンクについて

リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。