Word2007の数式グラフ化・数式計算機能

Word2007の数式グラフ化・数式計算機能のページを説明

スポンサードリンク
中学数学問題をWord(ワード)で作るための記事

Word2007の数式グラフ化・数式計算機能

中学数学問題をWordで作成するときの、強い味方になってくれるといいのですが、マイクロソフトがWord2007(MSワード2007)に数式をグラフ化したり、計算機能などを追加するアドイン(ソフトウェアに追加される拡張機能のこと。)「Word 2007 アドイン:Microsoft Math」を公開しています。

Word2007(MSワード2007)のみに対応するフリーソフトですから、マイクロソフトのホームページから無料でダウンロードして、使うことができます。
【ただし、動作させるには、NET Framework 2.0以降が必要です。】

このMicrosoft MathはWord2007(MSワード2007)の数式ツールで入力した数式を2Dや3Dの簡易グラフに変換することができます。

さらに、Word2007(MSワード2007)の数式ツールで入力した数式の演算の結果を挿入することもできるのです。

また、等式や不等式の解を求めたり、複雑な式を簡単にしてくれるする機能もあるのです。

今までは、Word文書で中学数学の問題を作成するときに、数式をMath Typeで入力していくのですが、中学数学の問題を自作した場合や複雑な式の計算や解答を確認したいときには、カルキングにて確認するという作業をしていました。
Word2007(MSワード2007)の数式ツールの Microsoft Math アドインを使えば、Word文書に入力した数式をからダイレクトに計算をしたり、変数の値を求めたりすることができるのですから、本当に手間がかからなくなります。

中学数学の計算ドリルを作成するときには重宝しそうです。

さらには、簡単にグラフを作成することもできるのです。

解答ミスや問題ミスを残したままの中学数学問題プリントでは、生徒がなぜ答が合わないのか困るはずです。

ミスを無くすためにカルキングを使っていたのですが、同じ数式をWord文書とカルキングで合計2回入力することになり非常に時間をとられていました。
この「Word 2007 アドイン:Microsoft Math」で時間を節約しつつ、解答の正確さも向上するのであれば、願ったりかなったりです。
実は、この「Word 2007 アドイン:Microsoft Math」の存在を知ったこともあってWord2007(MSワード2007)を買うことにしたといってもいいぐらいです。



スポンサードリンク


★他の数学・算数については…★
教育ブログ(算数・数学科)

Wordで数学問題プリントを作ろう!!のWord2007の数式グラフ化・数式計算機能
のリンクについて

Wordで数学問題プリントを作ろう!!のWord2007の数式グラフ化・数式計算機能
のリンクについて

リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。