Word2007アドインのMicrosoft Mathの計算機能

Word2007アドインのMicrosoft Mathの計算機能のページを説明

スポンサードリンク
中学数学問題をWord(ワード)で作るための記事

Word2007アドインのMicrosoft Mathの計算機能

中学数学の問題を作り、解答を作り…
とするときに、解答の確認のためには、カルキングを使っていました。

しかし、Word2007アドインのMicrosoft Mathには、計算機能がある!!とのことで、Office2007を導入してみました。

Word上で、中学数学の問題・解答を入力し、もう一度、同じ数式をカルキングで入力することになるので、2回同じ数式を入力しなくてはならなかったのです。

このWord2007アドインのMicrosoft Mathがあれば2回入力から卒業できるかもしれないと思ったです。


Word2007アドインのMicrosoft Mathの機能は…

★ 数や数式 (等式および不等式) を 2-D または 3-D でプロットする →Word 2007の数式ツールで作成した数式や関数を2D/3Dでグラフ化

★ 数式 (等式および不等式)を解く→まさにそのまま。

★ 数値結果を計算する→演算の結果を挿入できる

★ 代数式を簡約する→複雑な式の簡約化

となっています。


まぁ、小学生の算数の分数の計算もできるし、その気になれば、使えるのですが、

とにかくWord2007アドインのMicrosoft Mathの使用状況をご覧ください。

まずは、分数の計算式を入力しました。

数学ツール_分数計算01.JPG

この数式を右クリックすると

数学ツール_分数計算02.JPG

「計算する」と出てきますので、クリックします。すると

数学ツール_分数計算03.JPG

ハイ、答え!となります。

一見何の問題もなさそうなのですが…

次に1次方程式を。

数学ツール_01.JPG

数式にカーソルを置いて、Microsoft Mathボタンをクリックしても「xの解を求める」はでてきます。

数式ツール計算03.JPG

「xの解を求める」をクリックすると・・・

数式ツール計算04.JPG

何故なのかはわかりませんが、計算前の数式のフォントの大きさと比べると小さいフォントで、解が表示されます。

これは、Microsoft Mathボタンをつかったからではなく、数式を右クリックして、「xの解を求める」としたときにもたまに起こります。

ちょっと困ったものなのですが、フォントの大きさくらいならば、よしとすべきでしょうか?

それとも何か操作に問題点があるのでしょうか?

しかし、計算結果に間違いがあるというようなことではないので、中学生の数学の計算問題ドリルを作ったり、小学生の算数の計算ドリルを作ったりするには、使えそうです。

Microsoft Mathのグラフ化機能はちょっと微妙な感じでしたが、こちらの計算機能は問題作成に利用できそうです。



スポンサードリンク


★他の数学・算数については…★
教育ブログ(算数・数学科)

Wordで数学問題プリントを作ろう!!のWord2007アドインのMicrosoft Mathの計算機能
のリンクについて

Wordで数学問題プリントを作ろう!!のWord2007アドインのMicrosoft Mathの計算機能
のリンクについて

リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。