Word2007で「=で揃える」

Word2007で「=で揃える」のページを説明

スポンサードリンク
中学数学問題をWord(ワード)で作るための記事

Word2007で「=で揃える」

Word(ワード)2007には数式ツールがあります。

この数式ツールは、Microsoft数式3.0やMathtypeのようにカンタンに数式を入力することができます。

しかし、中学の数学は、小学校の算数とは違い、数式を横へ横へと伸ばしていくのではなく、=(イコール)で数式を揃える機会がとても多いのです。

特に中学数学の1次方程式では、=(イコール)で揃えることが、移項でプラスマイナスが変わることを意識させるためにも欠かせません。

Mathtypeには、=(イコール)で揃えるための「等号揃え」がワンクリックでできますし、任意の文字で揃えたりする機能があり、中学数学の問題や解説を入力する際にとても重宝しています。

Word(ワード)2007の数式ツールには、このようなワンクリックで=(イコール)で揃える機能があるのかないのかすら分からない状態でした。


しかし、先日、そのWord(ワード)2007の数式ツールでも=(イコール)で揃える機能があるとメールを頂きました。

(ありがとうございます!!)

Word(ワード)2007の数式ツールで=(イコール)で揃える方法とは……


(1) 数式を入力します。今回は中1数学の1次方程式にしてみました。

Word2007_数式ツール_=で揃える01.JPG



(2) =(イコール)で揃えたい数式をすべてドラッグします。その後右クリックをするとダイアログが出てきますので、「等号揃え」を選択します。

Word2007_数式ツール_=で揃える02.JPG



(3) Word(ワード)2007の数式ツールでの等号揃えができました。

Word2007_数式ツール_=で揃える03.JPG



意外にあっけなくカンタンにできますね。

このWord(ワード)2007の数式ツール、割り算の筆算や連立方程式の筆算などが入力できるようであればもっと活用できますね。

特に割算の筆算は、Microsoft数式3.0やMathtypeでも入力するのは大変です。

(こちらにWordで割り算の筆算を入力する方法があります。)

Word(ワード)2007の数式ツールももっといろいろと試していこうと思います。





スポンサードリンク


★他の数学・算数については…★
教育ブログ(算数・数学科)

Wordで数学問題プリントを作ろう!!のWord2007で「=で揃える」
のリンクについて

Wordで数学問題プリントを作ろう!!のWord2007で「=で揃える」
のリンクについて

リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。