Word(ワード)の数式に色をつけたい…

Word(ワード)の数式に色をつけたい…のページを説明

スポンサードリンク
中学数学問題をWord(ワード)で作るための記事

Word(ワード)の数式に色をつけたい…

Word(ワード)に標準となっている,数式3.0(数式エディタ)で数式を入力すると,その数式は黒の文字・数字・数学記号になります。

ところが数学のプリントの中では、目立つように白抜きにしたいとか、赤で数学記号を印刷したい…などということがあります。

数式3.0(数式エディタ)のみでは、文字・数字・数学記号に黒以外の色にすることはできません。

MATH TYPE 6.0であればさまざまな色を文字・数字・数学記号につけることができますから、数学のプリントの問題は黒で、解答・解説は赤で…という見やすい数学プリントを作成することもカンタンです。

しかし、MATH TYPE 6.0の簡易版である数式3.0(数式エディタ)にはその色を変える機能がカットされているのでできないのです。

しかし、数式3.0(数式エディタ)のみでは色を変えることができないというだけで、他のソフトの力を利用すれば、文字・数字・数学記号の色を変えることができます。

PowerPoint(パワーポイント)をお持ちの方であれば、そのPowerPoint(パワーポイント)の方で数式3.0(数式エディタ)を起動し、数式を入力してください。
これで数式の色を変えることができます。


どうしてもWord(ワード)だけで数式の色を変えたいという場合には…

(1) 数式フィールドを利用する
 数式フィールドであれば、他のWord(ワード)で入力した文字と同じように色を変えることができます。

(2) 『図の編集』を利用する
 まず、Word(ワード)上で数式3.0を利用して、数式を入力します。
数式3.0で入力された数式は、見た目は文字・数字なのですが、実は画像となっているのです。
数式3.0で作成した「数式」をコピーしてからWord(ワード)の一番上にあるツールバーの、編集(E)⇒形式を選択して貼り付け(S)⇒図 を選択してください。
[または編集(E)⇒形式を選択して貼り付け(S)⇒図(拡張メタファイル)]

貼り付けて新たに表示された数式を右クリックし「図の編集」を選択してください。

普段のWord(ワード)に似ていますが、図の編集をすることができる画面に変わります。
ここで必要な文字・数字・数学記号の文字色を変更して図の編集を閉じればできあがりです。
数式の一部の文字色を変更することもできますから、
例えば、△ABCのような表示もできますよ。






スポンサードリンク


★他の数学・算数については…★
教育ブログ(算数・数学科)

Wordで数学問題プリントを作ろう!!のWord(ワード)の数式に色をつけたい…
のリンクについて

Wordで数学問題プリントを作ろう!!のWord(ワード)の数式に色をつけたい…
のリンクについて

リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。