Word2007ですばやく数式3.0を利用する方法

Word2007ですばやく数式3.0を利用する方法のページを説明

スポンサードリンク
中学数学問題をWord(ワード)で作るための記事

Word2007ですばやく数式3.0を利用する方法

Word2007になって,新たな数式ツールが導入されました。
現時点では,まだWord2010版の数式ツールを試していないのですが,おそらくWord2007と同様なシステムになっているのではないかと思います。


歴代のワードで使われていた「数式3.0エディタ」は,まるで第一線を退くはめになったかのような扱いですが,この「数式3.0エディタ」のアイコンをワード200では,ツールバーに追加することができないようです。

もしかしたら,何らかの方法があるのかもしれませんが,未だにつかめていません。

過去にWord2000や2002,2003などで作成した数学の問題プリントなどで数式3.0エディタを利用されていた方は,毎回「オブジェクトの挿入」からたどって数式3.0を利用するのは中学数学のプリントや算数のプリントを作成するときに,手間が増えるような気がします。

たしかにWord2007のツールバーに「数式3.0エディタ」のアイコンを追加する方法は分かっていないのですが,Word2007のショートカットキーに「数式3.0エディタ」を割り当ててしまえば圧倒的に,便利になります。

〜Word2007に「数式3.0エディタ」のショートカットキーを設定する方法〜

(1) Word2007の「リボン」をクリック

(2) Wordのオプション(I)を選択

(3) ユーザー設定をクリックして,一番下のほうにある,ショートカットキーの「ユーザー設定(T)」をクリック

(4) 分類(C)から『すべてのコマンド』を選ぶと,右側の『コマンド(O)』にたくさんのコマンドがアルファベット順に並ぶので,その中から 『InsertEquation』をクリックして,割り当てるキーを選択する。


スポンサードリンク


★他の数学・算数については…★
教育ブログ(算数・数学科)

Wordで数学問題プリントを作ろう!!のWord2007ですばやく数式3.0を利用する方法
のリンクについて

Wordで数学問題プリントを作ろう!!のWord2007ですばやく数式3.0を利用する方法
のリンクについて

リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。