数式入力の入門書

数式入力の入門書のページを説明

スポンサードリンク
中学数学問題をWord(ワード)で作るための記事

数式入力の入門書

最初は、完全に手探りで、数式をWORDに入力していく状態でした。
ルート3が入力できなくて、√3と苦し紛れになっていました。

周りに教えてくれる人がいるわけでもなかったので、
何かいいもの無いかなぁとずっと探していました。
けれども、『Wordでラクラク数式作成』を手に入れてからは、
手で書いているのと同じように書くことができる数式が増えました。

数式フィールド(フィールドコード)と数式3.0の両方の使い方がくわしく書かれていて、
一気に入力できる数式の種類を増やすことができました。

この本は数式に関する操作を画面写真を中心に解説しています。
やっぱり、パソコンの操作は、実際の画面の様子が見えたほうが
わかりやすいですよね。


残念なのは、筆算の入力の仕方がなかったことです。

でも、はじめて数式をWORDに入力する人が、
最初に参考にする本としては、最高のものだと思います。


筆算の入力を教えてくれたのは、『数式作成に使うWord活用法』という本でした。

足し算の筆算・引き算の筆算・掛算の筆算はともかく
割り算の筆算は、入力の仕方がまったく見当もつかなかったのです。

この『数式作成に使うWord活用法』は、四則の筆算の入力の仕方を丁寧に教えてくれました。

また、数式3.0(ワードの数式エディター)の扱い方も
くわしく説明されていました。、『Wordでラクラク数式作成』に掲載されていない内容も多かったですし
画面写真を中心に解説されていましたから、マネするのもカンタンでした。

これらの2冊から学んだことが、数式入力のイライラから開放される
大きな原動力になっています。

今後、WORD2007(ワード2007)に移行したら、
数式作成に使うWord2007活用法』を買ってみるつもりです。

Word2007から、新たに数式入力の方法が数式3.0以外にもう1つ加わったからです。

未だにOfficeXPとword2002を使っていますが、もうそろそろ、
パソコン自体が疲れてきていますので、いずれは考えなくては…



スポンサードリンク


★他の数学・算数については…★
教育ブログ(算数・数学科)

Wordで数学問題プリントを作ろう!!の数式入力の入門書
のリンクについて

Wordで数学問題プリントを作ろう!!の数式入力の入門書
のリンクについて

リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。