数式3.0の分数は背が高い

数式3.0の分数は背が高いのページを説明

スポンサードリンク
中学数学問題をWord(ワード)で作るための記事

数式3.0の分数は背が高い

数学記号を入力するのは、フィールドコードより
数式3.0の方が直感的にできるのでいいのです。

けれども、数式3.0が打ち出す分数って、
背が高いなぁって感じがするんです。

同じく、「もっと、分数の背が低くていいのに…」と思っている方へ!!
これは変更できるのですよ。

数式3.0は、
・分子の高さ
・分母の深さ
・分数罫の張り出し
・分数罫(メイン)の太さ
・分数罫と分母/分子の間隔の最小値
・根号と文字の間隔

などは変更できます。1回設定してしまえば、後は継続されます。

やり方は、数式3.0を起動して、
書式→スペースの定義を選択すると数値を変更できますので

分子の高さ……10%
分母の深さ……80%
分数罫の張り出し……3pt
分数罫(メイン)の太さ……0.25pt
分数罫と分母/分子の間隔の最小値……1%
根号と文字の間隔……1pt

ぐらいにするとよいでしょう。
この辺は好みもありますので、1度、気が済むまで
いじってしまったほうがいいですよ。
1回設定してしまえば、後は継続されますし、
後々また変更するとなると、手間がかかりますから。


また、フォントの大きさも変更できます。
たとえば、3の2乗というときの3と2の大きさの比?が変更できます。

こちらもやり方は、数式3.0を起動して、
サイズ→サイズの定義を選択してください。
1回設定してしまえば、後は継続されます。

・標準 10pt
・上付き/下付き文字(メイン) 5pt
・上付き/下付き文字(サブ) 3pt
・シンボル文字(メイン) 9pt
・シンボル文字(サブ) 7pt

ぐらいにするとよいでしょう。
ただ、普段の数学のプリントや問題を作るときに
フォントの大きさを10ptで作っているので、標準を10ptにしています。
普段、メインで使っているフォントの大きさに合わせると、見た目もきれいにそろいますよ。


フォント(書体)も個別に指定できます。


しっくりくる分数・ルートで中学数学のプリントや問題を
作ったほうが、自分でつくっている意味が増すような気がして…
自己満足ですかねェ?



スポンサードリンク


★他の数学・算数については…★
教育ブログ(算数・数学科)

Wordで数学問題プリントを作ろう!!の数式3.0の分数は背が高い
のリンクについて

Wordで数学問題プリントを作ろう!!の数式3.0の分数は背が高い
のリンクについて

リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。