数式3.0やMathtypeをもっとはやく!!

数式3.0やMathtypeをもっとはやく!!のページを説明

スポンサードリンク
中学数学問題をWord(ワード)で作るための記事

数式3.0やMathtypeをもっとはやく!!

Word(ワード)に数式を入れたいときは
ツールバーの
「挿入」から→「オブジェクト」→「数式3.0」(またはMath type)』
と選択していきます。

めったに数式や数学記号を使わない方はそれでもいいのですが、

Word(ワード)でA4の文書のほとんどが数式!! とか
計算ドリル作っています!!

という場合には、
もっともっとすばやく数式3.0(Math type)を呼び出すショートカットを作っておくと圧倒的に効率がいいですよ。

しかも、数式3.0ショートカットは簡単に作れます。


■ 数式3.0 (Math type)ショートカットの作り方 ■

ツールバーのツール(T)→ユーザー設定(C)を選択すると

数式エディタ(MathType)ショートカット01.jpg

と、なりますので
ダイアログの下のほうにある「キーボード」を押します。

数式エディタ(MathType)ショートカット02.jpg

「分類」の一覧から「挿入」を選択して、さらに、「コマンド」の一覧から「Insert Equation」を選びます。

「割り当てるキーを押してください(N)」のところにカーソルを合わせ、登録したいショートカットキーを押します。
上の図は、実際のキーボードで、『Ctrl』と『M』を同時に押した図になっています。

(登録しようとしたショートカットキーがほかのショートカットキー設定とかぶってしまう場合は、「現在の割り当て」のところにそれが表示されます。都合が悪ければ変更してくださいね。)

「保存先」が「Normal. dot」になっていることを確認して、「割り当て」を押してダイアログを閉じれば完成です。


今後は、Word(ワード)を起動してから、設定したショートカットキーを押せば、数式3.0が立ち上がります。
Math typeをインストールされている方は、もちろんMath typeが立ち上がりますよ。

これで、随分ラクになると思います!!



スポンサードリンク


★他の数学・算数については…★
教育ブログ(算数・数学科)

Wordで数学問題プリントを作ろう!!の数式3.0やMathtypeをもっとはやく!!
のリンクについて

Wordで数学問題プリントを作ろう!!の数式3.0やMathtypeをもっとはやく!!
のリンクについて

リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。