数式エディタ(MathType)か数式フィールドか

数式エディタ(MathType)か数式フィールドかのページを説明

スポンサードリンク
中学数学問題をWord(ワード)で作るための記事

数式エディタ(MathType)か数式フィールドか

数式エディタ(数式3.0やMathtype・マスタイプ)で作った数式は、WORD(Microsoft Word・ワード)のファイルにはオブジェクトとして挿入されます。1つや2つ文書中に挿入した位ならば、気にとめる必要もありませんが、大量に数式数式エディタで作った数式を挿入すると、ファイルの読み込みや保存、そして印刷にやや時間がかかったりします。
その代わりに、数式エディタで作った数式は、他のソフトでも使えることがあります。
(例えば、G.CREWに貼り付けたりもできる。)


一方、数式フィールド(フィールドコード)で作った数式は、WORD(Microsoft Word・ワード)で使える文字の書式(フォントの種類など)は基本的にすべて使えます。
ただし、分数の線の長さを調整するなどはできません。

いずれを選ぶかは、作るものにあわせてということになりますが
直感的に入力できるのは数式エディタ(数式3.0やMathtype・マスタイプ)ですし、キーボードからマウスに持ち替えて…という必要がないのが数式フィールドです。

あとは、同じ数式を両方で入力してみて、見た目がお好みの方を選ぶのがよいと思います。

自分は、あんまり、数式フィールドで作った数式の見栄えが好きではないので、数式エディタ(数式3.0やMathtype・マスタイプ)をメインにしていました。

それでも、また気に入らないところが出てきて、今現在は、Mathtype(マスタイプ)のみで入力しています。



スポンサードリンク


★他の数学・算数については…★
教育ブログ(算数・数学科)

Wordで数学問題プリントを作ろう!!の数式エディタ(MathType)か数式フィールドか
のリンクについて

Wordで数学問題プリントを作ろう!!の数式エディタ(MathType)か数式フィールドか
のリンクについて

リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。